海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

U-NEXT

世の中の流れを海外ドラマで知っていると言っても過言でないほど、海外ドラマ好きです。

Netflix、AppleTV+、Amazon Prime Videoをメイン、たまにDisney+を観ていましたが、最近U -NEXTも見始めました。

ということで、サービスの特徴を私目線でまとめました。

Netflixの魅力

Netflixはオリジナル作品などのコンテンツが面白く、おすすめ作品を上げたらキリが無いレベル、世界的に話題になるような作品も多数。

韓流作品はあまり観ないのですが、日本の人気ランキングが表示されるので話題の作品が知れて良い。

普段は見ないジャンルでも『梨泰院クラス』『イカゲーム』『鬼滅の刃』は、ランキンキングがきっかけで視聴、面白かった。

海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

ただ最近、ランキングでも上位のせいかアニメと韓流作品が多く、好みの作品は減ったように感じています。

とは言っても、『エミリー、パリに行く』などの作品はお気に入りです。

作品によっていろんな言語あり、日本語の吹替が無い作品も多い。

それと、Netflix内で課金されることは無い。これ重要。

コンテンツに課金なしのゲームが加わり、Netflixのオンラインショップもあります。

AppleTV+の魅力

オリジナル作品の圧倒的高品質な仕上がりは群を抜いている。

個人的には、オリジナル作品が一番の魅力だと思います。

自宅で新作映画を観ているような贅沢感が味わえる。

ドラマも同様で『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』『スワッガー』などなど、作品数の割に良い作品に当たる率が非常に高い。

ハリウッド作品のような言葉では言い表せない感動と品格が感じられる作品が多くてお気に入りです。

それと大きな問題では無いが、観たい作品を覚えておくのに使う”お気に入り”や”マイリスト”登録がなく、”次に観る”しか無いので、ちょっと不便な時があります。👇

海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

有料ですがオリジナル作品以外も、もちろん観れます。

特に劇場の新作映画が観れるスピードが速い。

つい先日、映画館で観た映画がもう家で観れる!?という感じ。

Amazon Prime Video の魅力

アマゾン利用者ならプライム会員になると思うのですが、その特典として映画やドラマが観れるのが魅力。

オリジナルのコンテンツも豊富で、バラエティ・国内ドラマ・海外映画などが観れる。

そのほか、有料の場合がありますが多くの作品が観れます。

海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

主なAmazonプライム会員の特典

  • 無料の配送特典(お届け日時指定便が無料)
  • 特別取り扱い商品の取扱手数料が無料
  • Prime Video会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題
  • Prime Music 追加料金なく200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを楽しめる
  • プライム・ワードローブ購入する前に自宅で試着ができるサービス

Amazon プライム会員特典の詳細はこちら

U-NEXTの魅力

ずっとNetflix・AppleTV+・Amazon prime videoを観ていたのですが、ちょうど好みのドラマを見尽くしてしまったタイミングで、新章『ゴシップガール』と『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編が、U-NEXT独占配信だと知り、U-NEXTも観ることにしました。

すると、U-NEXTは、

HBO / HBO Maxオリジナルの新作※1をU-NEXTで日本初、独占見放題配信!でした。

※1:HBOオリジナルの新作TVシリーズ、ドキュメンタリー、映画すべて、HBO Maxオリジナルの新作TVシリーズ、ドキュメンタリーすべて(ワーナーメディアがライセンス可能なもの)

HBO作品は本当に面白くて、過去にハマった作品も多いんですよねー。

ということで、私好みのドラマが目白押しで眠れない毎日が続いています。笑


すべてが、映画クラスのクオリティ。HBOのここがすごい!

HBO(エイチビーオー)は、世界中で大旋風を巻き起こした『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』など、常にハイクオリティで先進的な作品を世に送り続ける、アメリカのプレミアムチャンネル(有料ケーブルテレビ局)。
2020年5月にアメリカでローンチされた配信プラットフォーム「HBO Max」と「HBO」の加入者数者は全米で約4150万人*2にのぼり、世界中からその動向に注目が集まっている。

引用:U-NEXT


エミー賞最多受賞局!テレビ局の枠を超えて歴史を作り続ける、オリジナル作品のパイオニア!

1975年に初の衛星放送でテレビの歴史を変えたHBOは、90年代から大人向けの画期的なドラマシリーズを数多く発表し、『セックス・アンド・ザ・シティ』でケーブル局初のエミー賞コメディ部門作品賞、『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』で初のドラマ部門作品賞を受賞と快挙を連発。
HBO作品は、瞬く間に視聴者の間で絶大な人気を得、小説のようなディテールや個性豊かなキャラクターたちを批評家たちもこぞって絶賛した。以降、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞など賞レースの常連となる。
エミー賞最多受賞局の座に毎年輝き、昨年のエミー賞でも『ウォッチメン』で最多受賞を果たすなど、昨今も他の追随を全く許さない圧倒的な存在感放っている。
テレビ局の枠を超えて業界のスタンダードを刷新し、歴史を更新し続けるオリジナル作品制作のパイオニアだ。

引用:U-NEXT


映画俳優のTVドラマ出演や大物監督によるオリジナル企画の流れを作ったのもHBO

スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクスがタッグを組んだ『バンド・オブ・ブラザース』や『ザ・パシフィック』、メリル・ストリープとアル・パチーノの初共演が話題を呼んだ『エンジェルス・イン・アメリカ』、マーティン・スコセッシ製作総指揮『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』などを皮切りに、数多くのハリウッドの大物がHBO作品に参画。
近年でも、J・J・エイブラムス製作総指揮『ウエストワールド』、ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーン主演&製作総指揮『ビッグ・リトル・ライズ』、マーク・ラファロ主演&製作総指揮『ある家族の肖像』、ロバート・ダウニーJr製作総指揮『ペリー・メイソン』から、ドレイク製作総指揮×A24『ユーフォリア/EUPHORIA』など、新進気鋭の才能も積極的に起用し、オリジナリティ溢れるHBO印の作品を連発中。

引用:U-NEXT


ハイクオリティの理由

視聴料が主な財源のためスポンサーに縛られることがなく、また有料放送のため、放送コードの縛りを受けないので、挑戦的な作品制作ができるHBO。
通常1シリーズ20話前後のところを10話前後にするなど話数を絞り、1話あたりの制作費を映画並みのスケールに引き上げ、シリーズ全体の質の担保を実現。
同時に、視聴料を払う世界中の視聴者を満足させるため、常に革新的で魅力的な作品を生み出さなくてはならない。
その結果、HBOはハイクオリティの代名詞となっていった。

引用:U-NEXT

※2:2020年12月末時点AT&T調べ

観る作品を探す時も良くできてて、

『海外ドラマ』のカテゴリーの中に、「新作」「独占」「SF」などはもちろん「法廷」「医療」「ガールズ」などなど細かく分類されているので、非常に探しやすい。

海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

それと言語が、吹替か字幕を選ぶようになっています。今のところ、観た全作品に吹替ありました。

また、何気に嬉しいのが再生速度変更機能です。

普通はあまり使わないのですが、途中で寝てしまってどこまで観たかな…みたいな時に便利です。笑

右下の3つの小さい●を押すと、言語設定と再生速度を変更することができます。👇

海外ドラマと言えば、U-NEXT・Netflix・AppleTV+・Prime video

新作など有料のコンテンツもありますが毎月1200ポイント(1,200円分)最大で90日持ち越し可能なので、ポイントを使って新作を観ることができます。

マンガや雑誌も読み放題。NHKの朝ドラまで観れるのは驚きました。

まとめ

今回は、日頃の海外ドラマ愛を語ってしまいました。

世界に配信されている動画配信サービスの方が海外ドラマは面白いと勝手に思っていましたが、

U-NEXTは細かいところに手が届く感じでなかなか良いです。

私はまだ無料期間なのですが、料金詳細が分かりにくいようなので気になる方は確認してみて下さい。

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新情報と詳細は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

新『ゴシップガール』は、NetflixじゃなくてU-NEXT独占配信だよ

【広告】国内の暗号資産取引アプリダウンロード数 3年連続No.1 Coincheck
コインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。