映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』救急車で逃走(暴走)する臨場感が良い

映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』救急車で逃走(暴走)する臨場感が良い

劇場で映画『アンビュランス』見ました。面白かった。

映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』

アンビュランスとは救急車の意味、とにかく救急車で逃走する映画。

想像を超えるド派手アクションで観る者すべてを圧倒し、映像表現の新次元を開拓したハリウッドの”破壊王”=マイケル・ベイ監督によるアクション超大作がついに完成。

ジェイク・ギレンホール、ヤーヤ・アブトゥル=マティーン二世、エイザ・ゴンザレスらハリウッドを代表するスターが集結した本作は”銀行強盗の逃走車が救急車”という前代未聞の衝撃的なストーリー設定。まるで観客自身も暴走する救急車の乗り込んでいるかのような臨場感溢れるカメラワークで、あらゆる予想を裏切る展開がノンストップでスクリーンを駆け巡る!

引用:『アンビュランス』オフィシャルサイト

原題:Ambulance

監督:マイケル・ベイ

制作国:アメリカ

言語:英語

長さ:137分

見どころ

救急車で逃走(暴走)するというだけで、何となく想像できると思いますが、想像以上のカーチェイス的なアクションでした。

迫力がすごいです。

アメリカ的な面白さとヒーローが好きな人は、満足できると思います。

登場人物の人となりがとても効いている。

Rotten Tomatoes

映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』救急車で逃走(暴走)する臨場感が良い

まとめ

アメリカらしい映画。アメリカのTVドラマが好きな私は面白かった。

本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

短焦点は良いよ ハイクオリティなプロジェクターEPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』救急車で逃走(暴走)する臨場感が良い映画『アンビュランス(2022)AMBULANCE』救急車で逃走(暴走)する臨場感が良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。