Appleウオッチの文字盤PORTRAITを顔写真にすると良い感じになる ポートレート

Portrait

iOS 15.になり、Appleウオッチの文字盤が追加されました。

人の写真を文字盤にできるのですが、

時刻の文字を、写真に写っている人の後ろに表示させることができるんです!

細かいことですが、ちょっとエキサイトしました。

文字盤はポートレートPortrait

ポートレートの設定方法。

iPhone画面上のApple watchのアプリから

→ 画面下の文字盤ギャラリー

→ ポートレート

Apple Watch

写真を選択

iPhone画面に従って、写真を追加します。

追加した写真をタップすると、文字の位置が選べます。

今回はこの写真。

Apple Watch

時計の文字を頭の後ろに表示できる

これスゴイ!

上部背後にすると、こうなります。

Apple Watch

その他、こういう位置にもできます。。。

Apple Watch
Apple Watch

 

アップルウォッチの画面で確認

かわいい♪

Apple Watch

画面が暗くなっても、時刻は見えます。

Apple Watch

表示をカスタマイズ

アップルウォッチは、文字盤をカスタマイズできるので、日付とUV指数を設定しました。

良くできてる♪

Apple Watch

まとめ

小さい画面なのに、このこだわり。

わたしには、かなり響きました♪

ガジ子
ガジ子
もうすぐ、新しいAppleウオッチが発売されるので、楽しみ〜
関連記事:

短焦点は良いよ EPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』ハイクオリティなプロジェクター

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
Appleウオッチの文字盤PORTRAITを顔写真にすると良い感じになる ポートレートAppleウオッチの文字盤PORTRAITを顔写真にすると良い感じになる ポートレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です