Netflix アメリカのLGBTQ映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ヒューマンドラマ

LGBTQ

今回は『ボーイズ・イン・ザ・バンド』についてお伝えします。『ホワイト・カラー 』で有名なマット・ボマーさんが出演されています。

ガジ子
ガジ子
マットボマーさん主演の『ホワイト・カラー 』が大好きだったので、とにかく観ました。

『ボーイズ・イン・ザ・バンド』とは

この記事は、9/30からNetflixで配信された『ボーイズ・イン・ザ・バンド』についてですが、もともとは1968年初演のオフ・ブロードウェイの舞台劇。1970年にアメリカで映画化されています。

ハリウッド映画史において初めて「同性愛を真正面から描いた」作品。

日本では『ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~』として、1983年に初演され、以降様々な俳優によって上演されています。

原題The Boys in the Band

監督:監督:ジョー・マンテッロ プロデュース:ライアン・マーフィー 

脚本・原作マート・クロウリー 

配信:Netflix 

舞台: 1968年 ニューヨーク

1968年のNY。誕生日パーティーの最中にやって来た意外な人物と、酔って始めたゲームのせいで、7人のゲイ仲間たちが、ずっと隠してきた秘密と感情をさらけ出す。

引用:Netflix

まとめ

ライアン・マーフィー氏が手がける作品でお見かけする個性豊かな俳優さんが多く登場されています。『ボーイズ・イン・ザ・バンド』の感想をひとことで言うと、“ 詩的な映画 ” 。まるで、オルゴールの中でお人形がゆっくりと、決して滑らかでなく舞っているような、そんな印象をうけました。

おまけ

まるでギリシャ彫刻のようなマット・ボマー主演『ホワイト・カラー』おすすめです!

見どころをざっくり言うと、超絶イケメン天才詐欺師とFBI捜査官がニューヨークを舞台に知的犯罪を解決するドラマです。

私はこのドラマを観て、よりいっそうニューヨークの街と赤ワインが好きになりました。

アメリカで放送されたテレビドラマ。

原題:WHITE COLLAR

2009年~2014年 シーズン1~6。

ガジ子
ガジ子
これをとにかく言いたかった
関連記事:

4ヶ月のライザップ生活で私がコミットできたこと(相談だけでも行く価値あり)

【広告】遂に到来!RIZAPで肉も魚も食べるダイエット/無料カウンセリング受付中
Netflix アメリカのLGBTQ映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ヒューマンドラマ Netflix アメリカのLGBTQ映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ヒューマンドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。