Netflix 実在する人物の犯罪ドラマ『ザ・サーペントThe Serpent(2021)』映画感覚で観れるリミテッドシリーズ

The Serpent

私は知らなかったけど、有名な連続殺人鬼の実話がもとになっている犯罪ドラマ。

このインパクトに引き込まれて『ザ・サーペントThe Serpent』を観ることに。

Netflix「ザ・サーペントThe Serpent」

“サーペント”とは、1975年-2000年に若い観光客を殺害した連続殺人犯のニックネームのこと。直訳は蛇。この連続殺人犯がもとになっているドラマです。

1970年代、東南アジアのヒッピートレイルを訪れた旅行者らを次々と殺害した冷酷な殺人鬼シャルル・ソブラジ。衝撃の実話から着想を得たリミテッドシリーズ。

引用:Netflix

原題:The Serpent

脚本:Richard Warlow,Toby Finlay

放送:BBC one  2021年1月1日 〜2月14日

製作国:イギリス

言語:英語、フランス語(日本語吹き替えあり)

Netflix配信:2021年4月〜 シリーズ1(全8話のリミテッドシリーズ)

見どころ

内容は濃厚、常に見どころと言ってもいいくらい。

✔️殺人鬼の人物像

✔️犯罪を執念で追跡操作するストーリー展開

✔️アジアでのヒッピースタイル

✔️1970年代のの時代背景

主人公は実在する

ゾッとしますが、主人公の連続殺人鬼シャルル・ソブラジは実在し、ハンサムで堂々とした振る舞いから、まったく殺人鬼には見えない。

そして驚きなのは、まるで楽しんでるかのように自分のドキュメンタリーや映画化権などと引き換えに、多額な報酬を受け取っているところ。

2021年4月時点で77歳、終身刑でネパールの刑務所にいる。

Netflix 実在する人物の犯罪ドラマ『ザ・サーペントThe Serpent(2021)』映画感覚で観れるリミテッドシリーズ
Netflix 実在する人物の犯罪ドラマ『ザ・サーペントThe Serpent(2021)』映画感覚で観れるリミテッドシリーズ

ドラマであり映画のようなリミテッドシリーズ

とにかく濃厚なドラマで、見応えありました。過去にさかのぼるシーンが多くしっかり観ないといけないので、理解しようと観ていると自然に引き込まれる感じ。1話60分弱ですが8話続くので、一気に観ると映画とは違った、というか映画以上の見応えかも。。

まとめ

まったくのフィクションでも良いくらいのレベルですが、実在の人物が存在する説得力はハンパない。ゾッとするけど引き込まれるこの感じは、『ヴェルサーチ暗殺』を観たときと同じような感覚でした。

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新情報と詳細は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

ネットフリックスがすぐに観れるプロジェクターおすすめ5選、どこで観る?

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
Netflix 実在する人物の犯罪ドラマ『ザ・サーペントThe Serpent(2021)』映画感覚で観れるリミテッドシリーズNetflix 実在する人物の犯罪ドラマ『ザ・サーペントThe Serpent(2021)』映画感覚で観れるリミテッドシリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です