Netflix『ポーズPOSE』ライアン・マーフィー制作 ボール・カルチャーのドラマ

Netflix『ポーズPOSE』ライアン・マーフィー制作 ボール・カルチャーのドラマ

今回は、海外ドラマ『ハリウッド』『グリー』『ヴェルサーチ暗殺』などを手掛けたライアン・マーフィー氏制作『ポーズPOSE』は、全体的にお洒落で洗練されたイメージなんですが、Netflixでは視聴できなくなっています。

『ポーズPOSE』てどんなドラマ?

1980年代のニューヨークを舞台に、ボール・カルチャーを通してアフリカ系とラテン系のLGBTQコミュニティが描かれています。

1987年のNY。
LGBTQのボールにすべてをささげるブランカは、自分のハウスを作り、エリート客に恋をした風俗”嬢”や才能あふれるダンサーのマザーとして歩み始める。

Netflix

原題:POSE

原作・制作:ライアン・マーフィー、ブラッド・ファルチャック、スティーヴン・カナルス プロデューサー:ジャネット・モック

放送:FX 2018年6月〜

LGBTQのボールは実際にも行われており、ボール・ルームと呼ばれるダンスシーンでポーズをとりながら踊る様子がファッション誌VOGUEのポーズと似ていたことからヴォーグ、ヴォーギングと呼ばれるようになった。

1990年に歌手マドンナのシングル『ヴォーグ』のミュージックビデオ、1991年のサンダンス映画祭審査員特別賞を受賞したドキュメンタリー映画『パリ、夜は眠らない』(1990年)が公開され大衆化した。

参考:wikipedia

ライアン・マーフィーさんってどんな人?

アメリカの脚本家、映画・テレビドラマの演出家、エグゼクティブプロデューサー。

私生活では同性愛者であることを公言。

脚本には同性愛者がよく登場している。

自身もゲイであることを公表していて「ストレートの男性がトランスジェンダー役を演じる時代はもう終わり。」と言っている。

5人のトランスジェンダーの俳優がレギュラーキャストとして決定し、総勢50人のトランスジェンダーの俳優が起用された。

まとめ

私はこのドラマを観るまで、『ポーズ』に描かれている実在したボールカルチャーを知りませんでした。

マドンナのヴォーグも知っていたし、雑誌VOGUEもダンスのヴォーギングも知っていたけど、この『ポーズ』に描かれている、ボール、ハウス、マザーのことは、このドラマではじめて知りました。

『ポーズ』はこのボールカルチャーをそのまま切り取ったようなドラマ。

感動はもちろん、とってもゴージャスで面白い、お洒落なドラマです。

ガジ子
ガジ子

第1話のスタート部分が特に気に入りました。

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事

Netflix(ネットフリックス)がすぐに観れるプロジェクター(別付けなし)おすすめ5選

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
Netflix『ポーズPOSE』ライアン・マーフィー制作 ボール・カルチャーのドラマNetflix『ポーズPOSE』ライアン・マーフィー制作 ボール・カルチャーのドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です