AppleTV+オリジナル『ザ・モーニングショー』ジェニファー・アニストンはキャスター役

AppleTV+オリジナル『ザ・モーニングショー』ジェニファー・アニストンはキャスター役

今回は、ジェニファー・アニストンが主演のアップルTVプラス、オリジナルドラマについてお伝えします。

『ザ・モーニングショー』とは

ジェニファー・アニストンといえば『フレンズ』の可愛いコミカルな感じをイメージしがちですが、『ザ・モーニングショー』はまったく違っていて見応えのある社会派ドラマです。

ジェニファー・アニストン制作総指揮・主演。

劇中の『ザ・モーニングショー』のメインキャスターとして登場します。

MeTooムーブメントとともにセクハラ問題を、本当に遠慮なく徹底的に描かれているドラマです。

ケリー·エイリン脚本·ミミ·レダー監督で贈る「ザ·モーニングショー」が追求するのは、朝のニュース番組の舞台裏にある情け容赦ない世界と、アメリカ国民の目覚まし役として活躍する人々の人生です。

オクタン価の高い爆発寸前の職場で地雷を踏まぬように巧みに立ち回りながら、公私共に危機にも直面している複雑な立場にある二人の女性を映し出すレンズを通じて語られる「ザ·モーニングショー」は、職場における女性と男性、女性と女性の間で繰り広げられるパワーの競り合いを、遠慮なしに徹底的に描く決定版のドラマです。

引用: Apple公式HP

原題:The Morning Show

原案:Jay Carson

脚本:ケリーエイリン

監督:ミミ・レダー

ドラマの舞台:ニューヨーク

放送:Apple TV+ 2019年11月〜シーズン1(全10話)  2021年9月〜シーズン2(全10話)

フレンズとジェニファー・アニストン

『フレンズ』は、1994年〜2004年に放送されたテレビドラマ。

ジェニファー・アニストンは『フレンズ』のレイチェル役で知られる。

当時25歳〜35歳。

大人気ドラマで、1話あたりの出演料が100万ドル。

『フレンズ』の共演者と共にギネスブックに『テレビで最も多くのギャラを手にした女優』と記載された。

『フレンズ』での受賞歴:
2002年エミー賞主演女優賞(コメディシリーズ部門)受賞
2003年ゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディシリーズ部門)受賞

『ザ・モーニングショー』シーズン2

シーズン2の撮影はスタートしていたが、2020年3月COVID-19パンデミックのため撮影停止となっていましたが、2021年9月16日配信開始になりました。

ますます、面白くなってきています。

また、2021WWDCの冒頭にアップルTV+が紹介されクックCEOが『ザ・モーニングショー』がお気に入りだと言及しています。

見どころまとめ

ジェニファー・アニストンの存在感が大きい。

MeToo問題が徹底的に描かれているのに、華やかで面白い部分と妙にリアルな部分とがあって見応えがあります。

こういうドラマを作るって、やはりAppleってスゴいなと思ってしまった。

ガジ子
ガジ子
ストーリー展開が気になりますー

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

短焦点は良いよ ハイクオリティなプロジェクターEPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
AppleTV+オリジナル『ザ・モーニングショー』ジェニファー・アニストンはキャスター役AppleTV+オリジナル『ザ・モーニングショー』ジェニファー・アニストンはキャスター役

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。