映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に

映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に

映画『トップガン:マーヴェリック』すっごく良かった。
(映画館で観る場合、作品に関係なく一律の値段なのが納得いかないくらい)

その感動の映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』が配信で観れるようになっているのですが、評価が高すぎwww

『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』

『トップガンTop Gun (1986) 』の続編で、海軍飛行士のお話。

題名の”マーヴェリック”は、主人公ピートのコールサイン。

原題:Top Gun:Maverick

製作国:アメリカ

言語:英語

日本公開:2022年5月27日

長さ:131分

映画がスタートしたところから、ゾワっと鳥肌が立つような期待感とカッコと良さがあって一気に映画に引き込まれます。

とにかく映画がかっこ良すぎる。

海軍飛行士のお話なので、命と隣り合わせの任務ですが、登場人物の個性的な魅力というか雰囲気も見どころ。

ヒロインは前作とは別の女優さん(ジャニファー・コネリー)が演じている。これがまたカッコ良い。

それに、映画全体がお洒落な感じではなくリアルな格好良さを追求している感じも良かった。

トム・クルーズは本当に操縦できるんじゃないかと思うほどで、迫力満点でした。

ストーリーは前作から続いているが、観ていなくても全然大丈夫。

ガジ子
ガジ子

ただ、前作を見たくなると思う

映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に
Rotten Tomatoes 20/05/2022
映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に
Amazon prime video 27/09/2022
ガジ子
ガジ子

評価高すぎwww

36年前の映画『Top Gun (1986)』

36年前の若き海軍飛行士マーヴェリックのお話で、ラブロマンス的な要素もあります。

36年前なので戦闘機などは古いと思われますが、今観ても映画の音楽や格好良さはまったく古さを感じない。

トムクルーズさんが一躍トップスターになった作品でもある。

個人的に見どころは、メグライアン。

一瞬わからなかったけど、若きメグライアンさんが出演しています。

とてもキュートでかわいい。

原題:Top Gun

製作国:アメリカ

言語:英語

日本公開:1986年12月

長さ:110分

映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に

まとめ

今回の『トップガン』があまりにも良かったので、後から久しぶりに前作の『トップガン (1986) 』を見直しました。

比べてみると、前作がラブストーリーとしても丁寧に描かれているのに対して、今回の『トップガン:マーヴェリック(2022)』は、とても硬派に描かれています。

特にトム・クルーズさんの大ファンでは無いけど、本当によかった。

トム・クルーズさんの凄さと、アメリカの凄さまで感じてしまう映画。

ガジ子
ガジ子

映画館で観るのがやっぱりおすすめ!

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

4ヶ月のライザップ生活で私がコミットできたこと(相談だけでも行く価値あり)

【広告】遂に到来!RIZAPで肉も魚も食べるダイエット/無料カウンセリング受付中
映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に 映画『トップガン:マーヴェリックTop Gun:Maverick』36年の時を経て硬派な作品に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です