ドキュメンタリー映画 2021『SUMMER OF SOUL サマー・オブ・ソウル』封印が解かれ公開

ドキュメンタリー映画 2021『SUMMER OF SOUL サマー・オブ・ソウル』封印が解かれ公開

『SUMMER OF SOUL サマー・オブ・ソウル』映画館で観てきました。

実際の映像ほど、説得力のあるものは無いなぁーと思ったドキュメンタリー映画。

50年前のエネルギーが熱く伝わってきました。

『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』

50年封印されていた音楽フェスの頂点 “ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”  ついに解禁!
サンダンス映画祭 審査員賞大賞(ドキュメンタリー部門)&観客賞受賞!

ウッドストックと同じ1969年の夏、160キロ離れた場所で、もう一つの歴史的フェスティバルが開催されていた。
30万人以上が参加したこの夏のコンサートシリーズの名は、“ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”。
このイベントの模様は撮影されていたが、映像素材はその後約50年も地下室に埋もれたままになっていた。誰の目にも留まることなく――今日この日まで・・・・
才気に満ち溢れた若きスティーヴィー・ワンダーの勇姿、1年前に非業の死を遂げたキング牧師に捧げる、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズの、会場を異次元に導く歴史的熱唱、ウッドストックでもベスト・アクトの一つと称された当時人気絶頂のスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンの圧巻のパフォーマンス、そして後世に語り継がれ、聴くものの人生を変えたニーナ・シモンのメッセージ・・・
この約50年間、ほぼ完全に未公開だったことが信じられない、音楽の頂点を極めた貴重すぎる全てのシーンがハイライトと言える。
この2021年に世に出るべくして出た、今年最も心躍り、感動的かつ重要な、時空を超えた最高のドキュメント!

引用:Summer of Soul HP

原題:Summer of Soul(…Or, When the Revolution Could Not Be Televised) )

監督:Ahmir “Questlove” Thompson

国:アメリカ

言語:英語

長さ:117分

ガジ子
ガジ子
言葉では表現できない、熱気とパワーと音楽、メッセージに釘付けになりました

ハーレム・カルチュラル・フェスティバル

50年間封印されていた “ハーレム・カルチャラル・フェスティバル” とは

Harlem Cultural Festival(別名ブラック・ウッドストック、Black Woodstock)

1969年夏に開催された音楽コンサート。

場所は、マウント・モリス・パーク(Mount Morris Fire Watchtower)

現在の マーカス・ガーベイ・パーク(Marcus Garvey Park)

ニューヨークのハーレムにあります。

SUMMER OF SOUL

出演

エネルギーに満ち溢れた “ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”の出演者たち。

スティーヴィー・ワンダー

B.B.キング

ザ・フィフス・ディメンション

ステイプル・シンガーズ

マヘリア・ジャクソン

ハービー・マン

デヴィッド・ラフィン

グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス

スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン

モンゴ・サンタマリア

ソニー・シャーロック

アビー・リンカーン

マックス・ローチ

ヒュー・マセケラ

ニーナ・シモンほか

引用:Summer of Soul HP

ミュージシャン以外の見どころ

私感ですが、ミュージシャン意外の見どころ。

音楽はもちろんスゴイですが、ミュージシャン以外もスゴイ。

時代背景がよくわかって、かなりエキサイトしました。

✔️ブラックパンサー党

1960年代後半から1970年代にかけてアメリカで黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開していた急進的な政治組織。

引用:wiki

この映画で知った”ブラックパンサー党”

てスゴイ名前ですが、実際にあった政治組織。

『サマー・オブ・ソウル』では、オーディエンスの警護として登場しています。

✔️NY市長ジョン・リンゼイ氏

元アメリカ合衆国下院議員(1959年-1965年)で、元ニューヨーク市長(1966年-1973年)

引用:wiki

“ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”の開催を決めた NY市長 ジョン・リンゼイ氏。

出演者も観客も、この映画に出てくる人のほとんどがブラック系ですが、白人であるリンゼイ氏が同じステージに上がり、あたたかく迎え入れられているのが、とても印象的で感動しました。

ガジ子
ガジ子
しつこいですが実際の映像というのがスゴイー

まとめ

頭や言葉抜きで、感動できる映画。

音楽がスゴくて寒気するほど。

ドキュメンタリーの中でも触れられていますが、この音楽フェスが開催された時期は大変な時代背景です。

とても悲しい事件が続きます。

1963年 ジョン・F・ケネディ暗殺

1965年 マルコム・X 暗殺

1968年 キング牧師 暗殺

1968年 ロバート・ケネディ暗殺

こんな時に開催された“ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”の音楽は、楽しくパワフルでありながら心の叫びのような音楽だと感じます。

少しでもこの時代を知れて良かった。

若かりしスティビー・ワンダーさんも登場しますー

ガジ子
ガジ子
音楽に詳しくなくても感動しました

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

単焦点は良いよ ハイクオリティなプロジェクターEPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
ドキュメンタリー映画 2021『SUMMER OF SOUL サマー・オブ・ソウル』封印が解かれ公開ドキュメンタリー映画 2021『SUMMER OF SOUL サマー・オブ・ソウル』封印が解かれ公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です