HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

Vive Flow

今回のVRグラスは『VIVE Flow』メガネ型です。

サングラスに近いメガネ型なので、すっきりスタイリッシュで軽量なのがうれしい。

HTC『VIVE Flow』HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス 

HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス
HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス
HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス
HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

これはいいかも。

従来の『Oculus Quest 2』などのがっつりかぶるタイプと違って『VIVE Flow』はあくまでメガネ型。

比較的気軽にVR画像やスマホを大画面で見ることができる優れもの。

Vive Flowを作っているHTCというメーカーは長年スマートフォンを作ってきたパイオニア的存在なのも安心感あり。

QTEK9000なんかのスマートフォンの名機もHTCです。

注目ポイント

Vive Flow

 

この『VIVE Flow』には標準でコントローラーが付いていません。

これは、メーカー側の意図がゲーム用途では無く瞑想や動画視聴に重きをおいているからのようです。

瞑想に使うかは別にしても、本体重量189gというVRグラスとしては超軽量!

スマホともBluetooth接続ができるのでお気軽利用が可能です。

ダイヤルでピント調整ができるので、メガネが無くても装着可能(乱視対応はしていません)。

 

HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス
HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

👉楽天で 『VIVE Flow』を見てみるHTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス 

👉ヨドバシで『VIEW Flow』を見てみる

Type Cにて給電

唯一残念なのが『VIVE Flow』使用中はType Cにて給電をしてあげる必要があります。

どこでも視聴ができるようにアンカーのモバイルバッテリー『Anker PowerCore Slim 10000』を購入しました。

思った以上にスリムで10,000mAhもあるので購入してよかったです。

HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

👉Amazonで Anker PowerCore Slim 10000 を見てみる 

👉楽天で Anker PowerCore II Slim 10000 を見てみるHTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

Netflixも観れる

『VIVE Flow』は、スマホの画面をVRで見る感じなので、 Netflixも観れました。

ただし、スマホ全てに対応している訳ではないので『VIVE Flow』対応機種は確認必要です。

👉『VIVE Flow』対応機種を確認する

ガジオ
ガジオ
ちなみに、現時点ではios未対応

まとめ

乱視は対応していませんが、メガネが無くてもVR側で視力のピント調節ができるのはうれしい。

最近の傾向かな。

『VIVE Flow』については メーカーも力を入れているのかYouTubeなんかもにもせっせと解説動画をメーカー自らアップしてくれているので参考にしましょう。 

HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス
HTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス

👉楽天で 『VIVE Flow』を見てみるHTC『VIVE Flow』どこでも瞑想、超軽量メガネ型 VRグラス 

👉ヨドバシで『VIEW Flow』を見てみる

ガジ子
ガジ子

瞑想するとき目は開ける派??

関連記事:

【VRゴーグル】SDカード直挿しスタンドアローン型VRヘッドマウントDPVR-4D

【広告】国内の暗号資産取引アプリダウンロード数 3年連続No.1 Coincheck
コインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。