混沌としたSF映画『CHAOS WALKING カオス・ウォーキング(2021)』主演の2人が美しい

CHAOS WALKING

『カオス・ウォーキング』劇場で観ました。

主演の2人が特に良かった。

『Chaos Walking カオス・ウォーキング』とは

地球以外の場所で起こっている状況(ファンタジー)を切り取ったようなSF映画。

西暦2257年、〈ニュー・ワールド〉。
そこは、汚染した地球を旅立った人類がたどり着いた〈新天地〉のはずだった。
だが、男たちは頭の中の考えや心の中の想いが、〈ノイズ〉としてさらけ出されるようになり、女は死に絶えてしまう。この星で生まれ、最も若い青年であるトッドは、一度も女性を見たことがない。
ある時、地球からやって来た宇宙船が墜落し、トッドはたった一人の生存者となったヴァイオラと出会い、ひと目で恋におちる。
ヴァイオラを捕えて利用しようとする首長のプレンティスから、彼女を守ると決意するトッド。
二人の逃避行の先々で、この星の驚愕の秘密が明らかになっていく──。

『カオス・ウォーキング』公式

原題:Chaos Walking

監督:ダグ・リーマン

原作・脚本:パトリック・ネス『心のナイフ』

日本公開:2021年11月12日

製作国:アメリカ

言語:英語

長さ:109分

設定がファンタジー

主な舞台となっている、”ニューワールド”の雰囲気がとても地球に近いんだけど、状況設定が色々あり細かいところが気になってしまった。

途中『ここは地球?』『なんでそうなってるの?』と思いながら観ていました。

主役の2人が良かった

トッド役トム・ホランド(Tom Holland)さんは、映画『スパイダーマン』がとても印象に残っています。

私感ですが、高身長でもないのにスーパーヒーローな感じが『カオスウォーキング』でも感じられ、存在感がある。

ヴィオラ役デイジーリドリーさんは、たくましく生きる女性が良かった。

泥だらけになっても気品があって高貴な感じがして、本当に美しい。

『スター・ウォーズ』のレイ役も良かったし、魅力が『カオス・ウォーキング』でも、よく出ていると思う。

ガジ子
ガジ子
お2人は泥だらけでも気品があって最高ー

原作は『心のナイフ』

『カオス・ウォーキング』の原作として、アマゾンでも販売されていました。

混沌としたSF映画『CHAOS WALKING カオス・ウォーキング(2021)』主演の2人が美しい
混沌としたSF映画『CHAOS WALKING カオス・ウォーキング(2021)』主演の2人が美しい

まとめ

観終わった後『ふーん、そうかぁ』という感じで、長い詩のようだった。

映画としては短めで、絶妙な長さは個人的に非常に良かった。

Rottentomatoesの評価

rottentomatoes
ガジ子
ガジ子

独特な雰囲気の作品ではある

本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

単焦点は良いよ ハイクオリティなプロジェクターEPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
混沌としたSF映画『CHAOS WALKING カオス・ウォーキング(2021)』主演の2人が美しい混沌としたSF映画『CHAOS WALKING カオス・ウォーキング(2021)』主演の2人が美しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です