映画『SUPER30 アーナンド先生の教室』インドの片田舎で教育プログラムを作り上げた1人の先生の実話

super30

本当に感動する軌跡の実話『SUPER30』この先生はお札になっても良いんじゃないかと思います。

映画『SUPER30 アーナンド先生の教室』

インドの片田舎で、貧しい子供達でも学べるように無料で勉強できる教育プログラムが ”SUPER30”
このプログラムを作り上げたのが、主人公のアーナンド先生。
現在進行形の軌跡の実話です。

2003年、インドの片田舎で始まった教育プログラムが全世界の賞賛を浴びた。
天才的な数学の頭脳を持ちながら、貧しい生まれのためケンブリッジ大学への留学を諦めたアーナンド・クマールが始めた私塾:スーパー30。
全国の貧しい家庭から優秀な頭脳を持つ30人を選抜して、無償で食事と寮と教育を与えるというこのプログラムは、開始した年から、世界三大難関試験の一つと言われる、インド最高峰の理系大学“IIT(インド工科大学)“へ塾生を送り込むという快挙を成し遂げた。
その後、毎年20人前後が合格。
2008年から3年にわたって30人全員を合格させて、いまなお続いているこのプロジェクトに、世界中のマスコミが注目して絶賛の声が寄せられたのだ。

本作は、この奇跡の実話に基づき、貧困に夢を奪われながらも、世界を変えようと奮闘する1人の男の情熱と、劣悪な環境でも諦めない30人の生徒たちの学ぶことへの喜びをエンタテイメント性豊かに描きながら、やがて学ぶ権利の本質、身分制度と格差社会の問題を浮き彫りにしていく。
意欲と能力があっても、貧しさゆえに学ぶ権利が奪われ、格差社会の壁に苦しむ子供たち。旧来の身分制度によって「王の子供だけが王になれる」という考えが今も残るインドだが、それは、“親ガチャ”という言葉が流行して、国会にも取り上げられるほど格差が進行する日本の姿にも重なる世界的な問題だ。
運営資金が底をつき、空腹に苦しみ、マフィアに襲撃されながらも、型破りな授業を続けるアーナンドと30人の生徒たち。
能力はあっても、劣等感を持つ生徒に「もう王の子供は王じゃない。王になるのは能力ある者だ」と語り、自信を持たせ、一緒に夢を実現しようとするアーナンドの姿は、あなたに世界を変える希望を与えてくれるだろう。

映画『SUPER30 アーナンド先生の教室』オフィシャルサイト

原題:Super30

製作国:インド

言語:ヒンディ語

日本公開:2022年9月23日

長さ:155分

見どころ

心に響く言葉と、心を動かす感動する場面が見どころ。

「王になるのは王の子供じゃない。王になるのは能力のある者だ」

インドでのこの言葉は響く。

そのほか、アーナンド先生の熱い言葉に感動します。

特に感動したシーンが大きく3つありました。

✔️自信を持たせてやる気にさせるシーン
✔️英語を克服するシーン
✔️最後の方

中2回、最後、特に泣けます。

人間を感動させるのは、人間なんですね。

実話なだけに、説得力が半端ない。

世の中捨てたもんじゃないと思わせてくれる映画です。

それと、インド映画独特の盛り上がりるシーンがあって(踊るわけでなく)個人的に大好きです。

ガジ子
ガジ子

クセになる感じ

クセになるインド映画

インド映画と言えば、大人数で踊る独特な映画を想像しますが、そうでない映画もあります。

踊らない映画でも、インド映画独特の盛り上がりが大好きです。

おすすめのインド映画は『囚人ディリ』

内容は全く違いますが、中毒性のある面白さです。(私感)

詳細は関連記事から

関連記事:

『囚人ディリ』インド映画らしくない超硬派アクション映画ダンスシーンなし

まとめ

言っても、インド映画は数えるほどしか観ていませんが、、今後も積極的に観たいと思っています。

『SUPER30 アーナンド先生の教室』は本当におすすめ。

劇場でも泣いてしまうほど感動しました。

長めの映画ですが、見どころ満載なので全く飽きないです。

ガジ子
ガジ子

動画配信サービスでいつ観れるかな、、

本ページの情報は2022年10月時点のものです。最新情報は各サイトにてご確認ください。

関連記事:

短焦点は良いよ EPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』ハイクオリティなプロジェクター

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
映画『SUPER30 アーナンド先生の教室』インドの片田舎で教育プログラムを作り上げた1人の先生の実話映画『SUPER30 アーナンド先生の教室』インドの片田舎で教育プログラムを作り上げた1人の先生の実話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です