XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる

XGIMI MoGo

XGIMI MoGo購入しました。

プロジェクター好きで今までも様々なプロジェクター、特にモバイルプロジェクターを使い続けています。

大手では最近のLGのチャレンジ精神あふれるものづくりに感動しています。

新しい会社では、今回ご紹介する ぐいぐい伸ばしてきているXGIMIです。

XGIMI社について

ガジオ
ガジオ

XGIMIは、2013年設立のとっても若い会社

XGIMI(极米科技)は、2013年11月にZhong Bo氏、Xiao Shi氏、Liu Zhiming氏、Liao Yang氏、Yin Lei氏達がBaidu Venturesや成都政府の支援を受け設立されたまだまだ若い会社です。

ずっと昔は、SonyやSharpなどがクリエイティブで洗練されたガジェットを作り続け リリースごとに驚きと感動がありましたが、最近は なかなか日本企業で見ることができなくなってきているのが残念です。

2016年2月に発売されたソニー SONY プロジェクター LSPX-P1XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるに淡い期待を感じましたが、残念ながらルーメン値は低いままで私的には使い方に困り手放しました。

XGIMIは、家庭へのプロジェクター革命をもたらしたポップインアラジンのOEM生産を受託しているメーカーでもありますね。

箱出しから最初のセットアップ

XGIMI MOGO
ガジオ
ガジオ

設定は超簡単でした

箱から出して、リモコン上の2つのボタンを長押しでペアリング完了。

余談ですが、

家庭内に2台のポップインアラジンXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるがあるのですが、MOGOXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるを設定した部屋の天井にあったポップインアラジンがMOGOのリモコンに反応してしまい一旦ポップインアラジンXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるの電源を落とすことになりました。。

スペック

日本で販売するときは、2000年前後からANSIルーメンという単位で表示することで統一されています。

Amazonなどのサイトでは、ANSIルーメン以外での表記をしているところが多いため注意しましょう。

ANSIルーメンと記載の無いルーメンでは全く明るさの単位が異なります。

こちらのXGIMIはANSIルーメンなので消費者にとってわかりやすいですね。

項目
明るさANSI 210ルーメン
表示DLP
標準解像度960 x 540 (540P)
対応解像度1080P / 2K / 4K
投影方法前方、後方、吊り天井
ストレージ16GB
ミラーリングChromeCast
OSAndroid 9.0
入力ポートDC x 1 、HDMI x 1、USB2.0 x 1
出力ポートヘッドフォン x 1
WiFiDUAL-BAND 2.4/5GHZ、802.11A/B/G/N
Bluetooth4.2/5.0
消費電力45W
電圧AC100-240V
サイズ146 x 105.5 x 94.5 mm
重量900g
MoGo

標準解像度は、実際に表示する解像度です。

対応解像度は入力に対応している解像度ですね。

AC100-240Vなので海外旅行や海外出張にも安心です。

ホームシアター的活用

XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる


iPhoneで撮影したのですが、画像でみると鮮明に思えないかもしれませんが 十分鮮明かつ迫力があります。

もちろん部屋はカーテンをしめて暗くすれば完璧です。但し、以下のように日差しのさす お昼過ぎにスクリーンXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるをたてても十分見ることができます。

スクリーンとMOGOXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるの距離を離せば もちろん更に大画面で鑑賞することも可能です。

XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる

設置しづらくても大抵の場合は自動的に焦点を併せてくれるので問題がありませんが、極端な角度の場合は手動で台形補正をして上げる必要はあるかもしれません。

そのときにも簡単に補正することができます。

XGIMI MOGO

天井に投影するのも良い感じ

MoGoはバッテリー駆動でごろんと寝転がせることもできるので、ベッドの上において天井に投影する鑑賞方法もなかなかよかったです。

スピーカーはHarman/Kardonなので音も良い感じです。

Spotifyや外付けBluetoothスピーカーとしての利用も良い感じでした。

XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる
ガジオ
ガジオ

寝転びながらの映画鑑賞がこれほど快適とは、、

テレビ的活用

XGIMI MOGO

気軽にどこにでも持ち運べるMOGOXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるですが、意外に良かったのが机横の壁に投影するニュースなどのライブ画像です。
コロナ感染者拡大や豪雨のニュースなど、ちらちらみながらこの記事を書いています。 

ビジネス プレゼンに使えるの?

5名くらいの小規模なミーティング時、プレゼン内容によりますが 私のように画面上にテキストを表示したりするプレゼンには不向きですね。

少し文字が滲んでしまいます。

当初はiPad、mac、iPhoneなどの端末からアプリ”Chromecast Streamer”(Advanced)を用いてミラーリングしていたので、アプリが原因で文字が滲んでいるのかと思いましたが HDMI接続をしても同様に滲む結果となりました。

もちろん、拡大すれば文字もきれいに見れます。

これは程度の問題なので、あくまで私の主観による判断です。

XGIMI MOGO

そのため、最近はヨドバシでも取り扱いがありますので店頭で確認されてからのご購入をおすすめします。

拡大すれば鮮明です。

XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる


まとめ

ものづくりは自ら勉強したり真似をしたり創意工夫で自分のものにしていくのでしょうが、6-7年くらいまでは安かろう悪かろうという品質のものが海外メーカー製に多かった。

ですが、今は良いものづくりを自分自身のものにして更に上を目指しているような気がします。

XGIMIやDJI、Insta360などはまさしくそういう企業なのかと思います。

MOGO Proは、誰もが簡単に楽しめる拡張性のある、どきどき感をもたせてくれるガジェットだと思います。

ビジネス用途でも良いかとは思いますが、文字の鮮明さ特に白背景時の青文字のにじみ具合が気になるので、どのような方が購入されると良いか、明確に分かれる端末です。

ご自宅で映画鑑賞、音楽、Youtubeなどを楽しむ方にはこれ以上無いくらいの製品です。

XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる

Glimpseなら専用ケースもしくはX-Desktop Stand Proプレゼントキャンペーン※

Mogo Pro + 専用ケース X-Desktop Stand Pro
Glimpse
ガジオ
ガジオ

ホームユースでは間違いなく買い!

※キャンペーン中のみ

関連記事:

短焦点は良いよ ハイクオリティなプロジェクターEPSON『EH-LS300B』とXGIMI『AURA』

【広告】持ち運べる映画館 XGIMI Halo+ 圧倒的な明るさの小型プロジェクター
XGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなるXGIMI MoGo モバイルプロジェクター 仕事も遊びも使いたくなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。